カテゴリー別アーカイブ: タイヤ

タイヤの豆知識!「軽・コンパクトカーは、減りが早い!」

タイヤの減り方って、「どの車でも同じだよ~!」…と、思いますよね。自分も、そう思ってました^^;
ということで、今回は軽・コンパクトカーの、タイヤの減り方の特徴、またそれに合ったメンテナンス等を御案内させて頂きます。

__

軽・コンパクトカー(前輪駆動車の場合)
写真でも説明がある通り、普通車のタイヤと比べて軽カーのタイヤは外径(直径)が小さい為、一回転で進む距離が短くなります。同じ距離を走っても、軽カーの方がたくさん回転するので、必然的に減りも(普通車と比べて)早くなるんですね^^;
あと、フロントとリヤで別々に見てみると…
①フロントタイヤ… 現在の殆んどの軽自動車は、FF(前輪駆動)です。フロントのタイヤで車を引っ張って舵もとる。おまけに、フロントにエンジンが載っかってて重い^_^;あと、街乗りで小回りすることも多い為、前のタイヤは編摩耗(片減り)する傾向にあります。これらを聞いただけでも、かなり前のタイヤには負担が掛かってるのが解りますよね!

②リヤタイヤ… リヤのタイヤは駆動してなく、付いていってるだけです。車重も軽い為、リヤタイヤは、ほぼ減る事がないです。

①と②の特徴(減り方)から…フロントのタイヤの方がリヤに比べて、減りが早いのは歴然ですよね!…すぐ出来るメンテナンスとして、早めに「ローテーション」(前後の入替え)する様に心掛けると、それだけでもずいぶんトータルで長持ち度が変わってきます!あと空気圧も、少し高めがいいでしょう。

前輪2本だけ交換して行けばいいんでは?と思われる方もいらっしゃるでしょう!?ですが、年数が経つと劣化してしまう為(溝は残ってても)、結局はリヤタイヤも換えなければなりません。

現在、各メーカーで販売されてる「軽・コンパクト用タイヤ」は、こういった軽の特徴を考慮し作られています。次回、タイヤ交換をする際には、検討の視野に入れておくのもいいかも知れませんね(^-^)

MKガレージ・川上

タイヤ交換作業!!

当店の、タイヤ交換作業の工程です。

どのお店でもやられている事だとは思いますが、当たり前の事を当たり前に、作業して行きたいと考えております!

まずは車体からタイヤホイールを外します。ハブ廻りやボルトにサビ等があればワイヤーブラシ等で落とします。

写真 1 (3) 写真 2

エアーを抜いた後、タイヤを外します。リム部分を磨きます(磨かないとエア漏れの原因にも…)。必要に応じてゴムバルブも交換します。バルブは有料になりますが、タイヤ交換時に換える事をおすすめ致します。これもエア漏れの要因(ゴムの経年劣化による)になりますし、タイヤ交換時なら工賃が掛からず部品代だけの料金で済みます。

写真 3 写真 4 (1) 写真 1 写真 2 (1) 写真 3 (1) 写真 4 (2)

新しいタイヤを組み込みエアーを適正空気圧に補充をして、エア漏れがない事をチェックします。あとはバランス調整です。これが不十分だと、高速でのハンドル振れの原因になります。走行後に、ホイールとの馴染み具合でバランスがずれる事があります。もしハンドルが振れる事があれば、お気軽にお申し付けください。ちなみに、4本とも必ずバランス取り致します!

写真 5 写真 1 (1) 写真 2 (2) 写真 3 (2)                

最後は車体への取付けです。取付けの際には、インパクトは使用致しません!十字レンチでの手作業でナットを取付けし、最後にトルクレンチ(車種毎の適正値で)で増し締め致します!

どの工程でも当てはまるのですが、ホイール(もちろん車両にも)にキズを入れる事がない様、十分に注意をはらい作業致します。

最後にタイヤにWAXを塗り、ホイールもキレイにふきあげたら作業終了です!

写真 4 (3) 写真 1 (2) 写真 2 (3) 写真 3 (3)

あと当店では、タイヤをご購入して頂いたお客様には、100㎞点検を行っております!

◎タイヤ空気圧

新品タイヤは装着後、タイヤ内部のコードの伸び等で成長し、空気圧が低下する場合がある為に点検します。

◎ナット締め付け(トルクレンチによる)

タイヤホイール装着後は、ナットの締め付けトルクにバラツキが生じる場合がある為に点検します。

以上の2項目を、100㎞走行後をめどに一度ご来店頂き、無料で点検実地致します。

何かご不明な点が御座いましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください!

MKガレージ、川上