1318847

2018年6月及び上半期【新車販売台数】‼

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は、6月単月と2018年上半期(1~6月)の車名別新車販売台数を発表しました。

●ホンダ/N-BOX、10か月連続トップ

6月の車名別新車販売台数は、ホンダ『N-BOX』が10か月連続でトップとなりました。

2位はスズキ『スペーシア』、3位は登録車(普通車)トップのトヨタ『アクア』で、トップ3は前月と同じ顔ぶれとなりました。

 

《6月の新車販売台数ランキング上位10車》 

1位:ホンダN-BOX 2万0682台(前年比17.2%増・10か月連続増・5月1位)
2位:スズキ・スペーシア 1万3450台(前年比53.6%増・20か月連続増・5月2位)
3位:トヨタ・アクア 1万1638台(前年比1.6%増・3か月連続増・5月3位)
4位〔7位〕:日産ノート 1万1321台(前年比2.4%減・8か月連続減)
5位〔4位〕:ダイハツ・タント 1万1147台(前年比1.7%減・8か月連続減)
6位〔5位〕:ダイハツ・ムーヴ 1万0464台(前年比10.6%減・3か月連続減)
7位〔8位〕:日産デイズ 1万0260台(前年比6.2%減・5か月連続減)
8位〔6位〕:トヨタ・プリウス 9957台(前年比44.5%減・19か月連続減)
9位〔9位〕:スズキ・ワゴンR 9500台(前年比1.7%増・3か月ぶり増)
10位〔10位〕:日産セレナ 9244台(前年比27.5%増・4か月連続増)

 

●軽自動車がトップ3を独占 2018年上半期

2018年上半期の車名別新車販売台数は、ホンダ『N-BOX』が前年同期比20.1%増の12万7548台を販売し、2年連続でトップとなりました。

2位はスズキ『スペーシア』で同38.0%増の7万9718台、前年の10位から大きく順位を上げ、3位は同2.7%増のダイハツ『ムーヴ』がランクイン。登録者(普通車)トップの日産『ノート』は同12.9%減の7万3380台で4位どまり。軽自動車勢がトップ3を独占しました。

 

《2018年上半期のランキング上位10車》

1位[1位]:ホンダN-BOX 12万7548台(前年比20.1%増・2年連続増)
2位[10位]:スズキ・スペーシア 7万9718台(前年比38.0%増・2年連続増)
3位[7位]:ダイハツ・ムーヴ 7万4109台(前年比2.7%増・2年連続増)
4位[3位]:日産ノート 7万3380台(前年比12.9%減・2年ぶり減)
5位[4位]:ダイハツ・タント 7万1809台(前年比10.9%減・2年連続減)
6位[6位]:日産デイズ 7万1778台(前年比6.4%減・2年ぶり減)
7位[8位]:トヨタ・アクア 6万6144台(前年比3.1%増・5年ぶり増)
8位[2位]:トヨタ・プリウス 6万4019台(前年比29.8%減・2年連続減)
9位[11位]:スズキ・ワゴンR 6万1987台(前年比8.4%増・2年連続増)
10位[13位]:日産セレナ 5万6095台(前年比3.2%増・3年連続増)

 

  • 〔〕内は前月、前年順位。
  • 資料元:日本自動車販売協会連合会・全国軽自動車協会連合会
  • 記事:自動車ニュースサイト「レスポンス」の記事を引用しています。

 

ちなみにマイナーチェンジ後のN-BOX(カスタム車)のFウインカーは、シーケンシャル(流れるウインカー)タイプとなっています。ホンダはこういった若者受けする流行を、いち早く取り入れるのが上手く、売れる要因の一つにもつながっているのではないかと、個人的には感じております。

pic_styling_cs_04f

ENJOY CAR LIFE🎶
MKガレージ・川上益幸
☎︎096-295-5630


コメントを残す