2016年【国内新車販売台数】5年ぶりの500万台割れ

2016年の国内新車販売台数は、前年比1.5%減で2年連続の減少でした。500万台を割ったのは東日本大震災があった2011年以来、5年振りだそうです。

4月以降の三菱自動車による燃費不正問題での販売停止、熊本地震や愛知製鋼の爆発事故による生産の遅れの影響もあると思われます。

いっぽう、12月単月では前年比7.6%増しで2カ月連続でプラス登録車ベースでは12月単月で前年比10.8%増で5カ月連続でプラスになっており、新型車効果も含め、今年は少し明るい兆しが見えつつあるのではないでしょうか。

15825877_1029610650499981_8675985273777681553_n

「2017年1月6日、熊日朝刊より」


コメントを残す