「夏のお出かけ 」・・・その前に!

もうすぐ夏休みに入りますね^_^

昨日の「熊日日新聞」に掲載されていたのですが・・行楽や帰省などで車を運転する機会が増える夏のこの時期は、運転中や駐車中のトラブルも起こりやすくなるとの事です

夏のお出かけ・・・_車内

昨年のお盆期間中(8月10~18日)の、JAFへの救援依頼件数ですが…一般道路ではバッテリー上がりが全体の3割以上、次いでタイヤのパンク、キー閉じ込み等となっております。一方、高速道路ではタイヤのパンクが3割以上を占め、次いで燃料切れ、バッテリー上がりとなっております。

この結果を見ても分かる様に、タイヤバッテリー重要チェック項目ですね!

バッテリー…御家庭でもお分かりと思うのですが、エアコンを使用する時期は電気代が上がりますよね^^;車でも同じで、バッテリーにも非常に負担が掛かります!寿命間近のバッテリーなら、急激に弱まりますので要注意です。スーパーに買い物に出かけて、帰る時にエンジンが掛からない・・・よくあるケースです^^;2~3年経過しているバッテリーであれば点検、もしくは交換される事をおすすめ致します!

タイヤのパンク…タイヤも定期的な点検が必要です。タイヤの空気圧は自然と抜けて行きます。風船も時間が経つと萎んでいきますが、同じ様な感じです。最近はセルフ式のガソリンスタンドが増え、空気圧をチェックする機会も減ってきてる現状です。チューブレスタイヤは、釘などが刺さっても(抜かない限り)急激に空気が抜けることもなく、意外と気付かない場合が多く、そのまま高速を運転してしまうケースも^^;…また、スペアタイヤを積んでない車種(修理キットは車載してありますがバーストの場合、修理不可)もある等の理由で、パンクによる救援依頼も増えてきてるみたいです。高速で、自らスペア交換するのも危険と思いますので、もしパンクした際はスペアがあったとしても、救援依頼される事をおすすめ致します。

子供さんの車内放置は危険です!…小さな子供を車内に放置するのは、熱中症などの重大な結果を招きかねません。夏場の車内温度は、思った以上に上がります!少しくらいと思っても、車内に残した電子キーを子供が触り、長時間閉じ込められたあと助け出され脱水症状で搬送されたケースもあります。「少しくらいなら大丈夫」と、子供を車内に残さない様に気を付けて頂きたいと思います。

以上、17日の「熊日日新聞」朝刊より抜粋させて頂きました。

ドライブに出かける前に、少しの時間(10分程度)で点検を受けるだけでも、事前に防げる故障内容も十分にあります。タイヤ・オイル・バッテリー・ワイパー等であれば、無料で点検を受けれるお店も今は多いと思います。ぜひ、ガソリンを入れる際のスタンドや行き付けのショップ等で、点検を受けられる事をおすすめ致します!もちろん、当店でも行っておりますので、お気軽に御来店下さい!

MKガレージ、川上

 


コメントを残す